見たらわかるだろ!玉とコインのジェットカウンターを間違えるパチンコ客

この記事の所要時間: 141

昔は自分で玉やコインを流していた


今ではパチンコ客が勝手に玉やコインをジェットカウンター(計数器)に流すことはできない。パチンコ店員が流しチェックしている。しかし、昔は自分で勝手に流す事ができた。店員は楽じゃんと思われがちだが、実はトラブルが多いのである。

パチンコ玉をパチスロの、コインをパチンコの計数器に間違えて流す客

どこのパチンコ屋でもパチンココーナーとパチスロコーナーは分かれている。そして、ジェットカウンター(計数器)も分かれており、見た目から明らかに流れていかない構造なのが分かる。しかし、パチンコ客は平然と逆の計数機に流すのである。

パチスロのジェットカウンター(計数器)にパチンコ玉を流した場合、コインの幅とパチンコ玉の直径が明らかに違うので入れたところでジェットカウンターの入り口がパチンコ玉でてんこ盛りになるだけである。取り除くことも簡単だ。

しかし、パチスロのコインをパチンコのジェットカウンターに流すと大変である。パチンコ玉が流れるレールにコインが縦に流れ奥で詰まるのである。閉店間際の混雑時に間違えられると最悪である。カバーをすべて外して奥に挟まっているコインをピンセットで取らなくてはいけない。本当にめんどくさい。間違って流した客は自分のせいなのに「早くしろ!」とまくり立てる。

お前のせいだろーが!

と言いたいところだが、あくまでお客さんなので言えない。

間違えるのは常連客が多い

初めてパチンコする客なら間違えてもしょうがない。しかし、しょっちゅう来る客が間違えるのである。理由を聞くとただ単に【あいているジェットカウンターを使った】だけなのである。パチンコ玉とコインを両方使える便利な計数機があるわけなかろう。形状が明らかに違うのだから。まぁ、それも客とのコミュニケーションだと思えばいい話だけですけどね。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!