スペーススペクター|ほんまに当たらない極悪仕様のパチスロ!

この記事の所要時間: 058

学生時代にハマったスペースバトル

スペーススペクター
大学でスロットデビューした私はマニアックな機種ばかり打っていた。1991年に日活興業から登場した3-1号機「スペーススペクター」を良く打っていた。

天井もなくひたすらハマる集金マシーン

大学をさぼり朝から打つ事が多くかなり負けました。まる1日打って1回もボーナスを引けず13万円負けた事もありました。13万円も負けると逆に気持ちが晴れ晴れとしてすっきりした感じ。

1度当たると連荘が止まらない

連荘
なぜそこまで打つのかと言うとズバリ連荘目当てです。当時は裏ものが多くスペーススペクターもその一つだった。隣のおっさんが連荘しまくっているのを見ながらひたすらハマる私。3度ほど10万円オーバー(8枚交換)したことがあるがトータル大負け。

すぐに撤去された

まぁ胡散臭い機種だったことは確かで、雑誌で攻略法が紹介されてからはホールから撤去されました。兄弟機でスペースバトルがありましたけど見かけた事はありませんね。
スペースバトル

攻略法(ゴト)もありました