ソクヅモ.com|元パチンコ店長がパチンコ店の裏話を語るブログ!

パチンコ店の裏話を暴露。かわいい女性店員やコーヒーレディーとの付き合う方法を教えます

ソクヅモ.com|元パチンコ店長がパチンコ店の裏話を語るブログ!

大当たり中もひたすら現金を投入するおばあちゃん。あんた、いい客だよ!

      2017/06/01   あとで読む

 - 個性あるパチンコ客 , , , , , ,

この記事の所要時間: 128

おとなしく上品なおばあちゃんは常連客

お金をつぎ込むおばあちゃんパチンコ店はガラの悪いおっさんの客がほとんどだが、中には普通におとなしいお客さんもいる。そのおばあちゃんは着ている服、話し方が上品でパチンコ店の客っぽくはない。

毎日午前中だけ羽モノの『たぬ吉くん2』を打ちに来ている常連さんだった。

持ち玉が減らないおばあちゃん

おばあちゃんはいつも少ない投資で大当たりを引く。そしてお昼に帰る時には800発入る玉箱2つを必ず交換する。交換しなかった日はない。

『いつも勝てるなんてすごいおばあちゃんだな』と思っていた。

打つコツがあるんだろうか?と思い暇だったのでおばあちゃんの後ろで見ていた。すると、すぐにVゾーンに玉が入り大当たり。打っている動作に不思議な点はない。ただツイているだけか…お昼過ぎになりおばあちゃんはいつものように2箱交換していた。

あれ?今日見ている限りでは大当たりは1回だったはず。じゃあ、あの玉はどこから持ってきたのか?

おばあちゃんに張り付いていると…

不思議に思い次の日、おばあちゃんの後ろでひたすら見ていた。大当たり後に彼女は驚くべき行動を取った。

出玉は一切使わずひたすら現金投資で玉を補充していた。

おばあちゃんに言った。「出玉で打っていいんだよ、お金使ったらもったいないじゃん!」するとおばあちゃんは「せっかくの出玉、減るのが嫌なのでこれでいいんです」と。

おばあちゃんはお金をいくら使おうが関係ないらしい。せっかく獲得した出玉を返したくなかったのだ。2箱に達しない時には現金で玉を借り補充していた。

なんていい客なんだ!と心から思った私でした。

        

google

google

この記事をシェア・拡散していただくと裏話がますます増えます
この記事は 17 シェアされています

  関連記事です。こちらもどうぞ